Case study

約70件におよぶ事業用不動産の将来価格を
わずか3週間でプライシング。組織力で対応する購入サポート

Mission

約70件に及ぶ不良債権処理案件の
適正価格を3週間で知りたい

不良債権処理を目的とした、関西エリアに所在する約70件からなる不動産のバルク(複数)入札への
参加をご検討されているお客様から、適正価格査定のご依頼をいただきました。
ただし、当時関西圏は首都圏に比べマーケットが冷え込んでおり、
将来的な見通しが非常に難しい状況にありました。特に、今回は70件のバルク案件。
マクロなマーケットだけでなく、物件個別の立地やスペックなども踏まえた、
丁寧なプライシングを応札までの限られた期間で行う必要がありました。
不良債権処理を目的とした、関西エリアに所在する約70件からなる
不動産のバルク(複数)入札への
参加をご検討されているお客様から、適正価格査定のご依頼をいただきました。
ただし、当時関西圏は首都圏に比べマーケットが冷え込んでおり、
将来的な見通しが非常に難しい状況にありました。特に、今回は70件のバルク案件。
マクロなマーケットだけでなく、物件個別の立地やスペックなども踏まえた、
丁寧なプライシングを応札までの限られた期間で行う必要がありました。

Solution

3週間の期限内に全物件の価格査定を完了。
自社店舗ネットワークを始め、
複数の地元パートナー企業から、
丁寧にヒアリングしたローカル情報を反映し
クオリティーも追及

  • Point 01

    全国で培ってきたネットワークを駆使して
    最新のマーケット情報を集約

    東急リバブルには、全国で地域密着型の営業を展開する直営店舗が150以上あり、
    常に相互に闊達な情報交換が行われております。
    更に、ソリューション事業本部においては、全国各地のクライアント様との間に、
    多数の実績に基づく信頼関係が築かれており、東京を中心とした
    強固な情報ネットワークが形成されております。

    本ケースでは、まず東急リバブルのスタッフ6名が関西に赴き、約70物件の現地調査を実施しました。
    つづいて、東急リバブル関西支社や、地元不動産企業を始めとする数多くのローカルパートナーの
    皆様からのご協力を得ながら、地元でしか得られないミクロなマーケット情報をご提供いただき、
    分析しました。この機動力とお客様との信頼関係こそが、
    評価・査定業務におけるスピードとクオリティの両立を可能にしているのです。
    東急リバブルには、全国で地域密着型の営業を展開する
    直営店舗が150以上あり、
    常に相互に闊達な情報交換が行われております。
    更に、ソリューション事業本部においては、
    全国各地のクライアント様との間に、
    多数の実績に基づく信頼関係が築かれており、
    東京を中心とした
    強固な情報ネットワークが形成されております。

    本ケースでは、まず東急リバブルのスタッフ6名が関西に赴き、約70物件の現地調査を実施しました。
    つづいて、東急リバブル関西支社や、地元不動産企業を始めとする数多くのローカルパートナーの
    皆様からのご協力を得ながら、地元でしか得られないミクロなマーケット情報をご提供いただき、
    分析しました。この機動力とお客様との信頼関係こそが、
    評価・査定業務におけるスピードとクオリティの両立を可能にしているのです。

  • Point 02

    分業体制による専門性と対応力の強化

    ソリューション事業本部は、不動産流動化事業における様々な業務をセグメントし、
    分業体制を敷くことで専門性と対応力を強化してまいりました。
    事業用不動産といっても、その種類は多岐に渡ります。
    例えば、土地であれば住宅地やビル用地だけでなく、田畑や山林、工場跡地などがあります。
    収益を生む投資用不動産であれば、マンションやオフィスビルから、
    ホテルや物流施設などの「オペレーショナルアセット」、
    太陽光発電設備を備えた広大なメガソーラーシステムなども、
    土地と併せてご相談いただくことがございます。

    本件は約70物件のバルク(複数)案件でした。
    不動産は二つとして同じものがないと言われますが、これは、一見似たように見える物件であっても、
    立地条件や竣工年、構造体などが違えば、注視すべきポイントや抱えるリスクも
    変わってくるということを意味します。
    6名のスタッフは、営業部門のプロジェクトリーダーを中心に、
    査定部門、調査部門から選出されたメンバーで構成されました。
    彼らは自らの目で物件を確認し、対象不動産の物的・法的評価だけでなく、
    地元情報を元に経済的な側面からも、物件個別の適正な評価とリスクの洗い出しを行いました。
    社内の「査定」、「調査」、「売買(営業)」の各スペシャリスト達の連携が、
    迅速かつ適正な価格算出を実現させました。
    ソリューション事業本部は、
    不動産流動化事業における様々な業務をセグメントし、
    分業体制を敷くことで専門性と対応力を
    強化してまいりました。
    事業用不動産といっても、その種類は多岐に渡ります。
    例えば、土地であれば住宅地やビル用地だけでなく、
    田畑や山林、工場跡地などがあります。
    収益を生む投資用不動産であれば、
    マンションやオフィスビルから、
    ホテルや物流施設などの「オペレーショナルアセット」、
    太陽光発電設備を備えた
    広大なメガソーラーシステムなども、
    土地と併せてご相談いただくことがございます。

    本件は約70物件のバルク(複数)案件でした。
    不動産は二つとして同じものがないと言われますが、
    これは、一見似たように見える物件であっても、
    立地条件や竣工年、構造体などが違えば、
    注視すべきポイントや抱えるリスクも
    変わってくるということを意味します。
    6名のスタッフは、営業部門の
    プロジェクトリーダーを中心に、
    査定部門、調査部門から選出されたメンバーで
    構成されました。
    彼らは自らの目で物件を確認し、
    対象不動産の物的・法的評価だけでなく、
    地元情報を元に経済的な側面からも、物件個別の適正な評価とリスクの洗い出しを行いました。
    社内の「査定」、「調査」、「売買(営業)」の
    各スペシャリスト達の連携が、
    迅速かつ適正な価格算出を実現させました。

3週間で約70件の不動産評価を達成!
お客様のビジネスを迅速且つ正確にサポート

全国で培った実績とネットワークを背景に、
機動的な情報収集でマーケットを把握

物件の種別、立地、件数を問わない幅広い対応力

Other Case studies

その他の事例

投資・事業用不動産に関するご要望は
私たち東急リバブルにおまかせください。
お客様のご期待にお応えできるよう全力でサポートいたします。

Contact お問い合わせ Contact お問い合わせ

投資・事業用不動産の購入・売却・査定など各サービスについての
お問い合わせやご相談については、こちらからご連絡ください。
お客様のご要望に対し、迅速にサポートいたします。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら ソリューション事業本部 お電話でのご相談・お問い合わせはこちら ソリューション事業本部

営業時間:9:00〜17:30
定休日:毎週土曜日・日曜日及び祝日

Access

東急リバブル株式会社 ソリューション事業本部

〒100-7033 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー33階

大きな地図はこちら