News

ニュース

※こちらの記事は、「月刊プロパティマネジメント(2015年10月号)」に掲載されたものです

増大するアジア富裕層の投資需要体制強化しグローバルサービスを拡充


香港は富裕層マーケティングの重要拠点 海外需要開拓で国内市場活性化の一助に


森茂雄
ソリューション事業本部
営業統括部
海外営業部長

不動産仲介大手の東急リバブルが海外展開を積極化している。2012年の上海進出を第一号として、シンガポール、台湾と続き、2015年6月には香港支店を開設した。足下の業績は好調だ。2014年度のインバウンド関連の取扱高は前年度比76%増と大きな伸びをみせた。

とくに香港はアジア戦略上、他の3都市に勝るとも劣らない重要性をもつという。海外展開を進めるソリューション事業本部 営業統括部 海外営業部長の森茂雄氏はこう話す。「香港は富裕層人口が非常に多く、資金の流動性も高い。地理的にも経済的にも中国本土をはじめアジア地域とのつながりは極めて深く、海外事業を展開するうえで重要な拠点」。

東急リバブルは支店開設の前年、2014年10月から駐在員事務所を設け仲介大手のミッドランド・リアルティーなど現地有力企業と協業を開始、セミナーを共同開催するなど投資家の発掘に努めてきた。これら香港の投資家層に対し、東急リバブルは日本全国から集まる膨大な物件情報を提供していく。

さらに森氏は、「香港の投資家からとくに需要が強いのは、賃貸住宅や商業施設、あるいはホテルなどのアセット。エリアについては都心の物件が中心ではあるが、東京ほどキャップレートが低下していない大阪など関西への注目度も高い。また、ファンドやREIT勢などプロ投資家の取得基準から外れる物件は狙い目となっている」と続ける。

国内の投資家とは目線の異なるこれら取得ニーズを取り込むことで、売買マーケットの一層の活性化にもつながるはずである。実際、東急リバブルのもとには、既存・開発案件ともにインバウンド需要を視野に入れた不動産オーナーからの売却相談が増加している。



グループ関連各社、外部とも連携 投資運営サービスのワンストップ化を目指す


インバウンド需要の取り込みでは、ソリューション事業本部内にとどまらず、東急リバブル全社、あるいは東急不動産ホールディングスのグループ企業との協業も積極的に進めている。まず金額規模で3億円以下、とくに1億円以下の取得ニーズなどについては、同社で個人向け仲介を主業とする流通事業本部や、新築販売受託部門である住宅営業本部が2014年12月に海外投資家向けの対応窓口を新設した。両部門と連携して幅広い投資家層のニーズをカバーしていく体制をとる。

グループ企業である東急住宅リースとも協業を進めている。東急住宅リースは社内にインバウンド投資家向けの専門チームとしてグローバルネットワークグループ(GNG)を立ち上げており、台湾、中国、シンガポール、香港の投資家に向け、一部屋~一棟単位まで物件の賃貸募集や収納代行などの賃貸管理・運営、セカンドハウス利用の保有サポート、マンション管理組合とのコミュニケーション支援などを手がけている。

さらにグループ外の企業とも連携し、新生銀行グループで不動産担保融資事業を展開する新生プロパティファイナンスとは香港の個人向けローン商品提供で提携した。

これらの取り組みはすべからくインバウンド投資の際の障壁を緩和することを目指したもの。ファイナンスの提供や取得後の管理・運営に至るまで一貫してサポートすることで取引拡大につなげていきたいとしている。

森氏は「インバウンド投資に対するサービスを充実させるとともにアウトバウンドや海外現地における仲介などもバランスよく取り込み、景気動向や金融情勢の変化を受けにくい収益体質を目指す。エリアや投資家層などの引き出しが増えれば顧客に対してさまざまな選択肢を提供できようになるはず。マーケットの活性化に一層の貢献をしていきたい」と話している。



ニュースインデックス

投資・事業用不動産に関するご要望は
私たち東急リバブルにおまかせください。
お客様のご期待にお応えできるよう全力でサポートいたします。

Contact お問い合わせ Contact お問い合わせ

投資・事業用不動産の購入・売却・査定など各サービスについての
お問い合わせやご相談については、こちらからご連絡ください。
お客様のご要望に対し、迅速にサポートいたします。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら ソリューション事業本部 お電話でのご相談・お問い合わせはこちら ソリューション事業本部

営業時間:9:00~17:30
定休日:毎週土曜日・日曜日及び祝日

Access

東急リバブル株式会社 ソリューション事業本部

〒100-7033 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー33階

大きな地図はこちら